読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして毎日はつづいてく

拝啓 見知らぬあなたへ

短歌の目

短歌の目 4月

tankanome.hateblo.jp参加します。 1. 皿 ぼたもちを平らげたあとの角皿をまだ舐めているだろうかきみは 2. 幽霊 幽霊と言うだけあって幽かだなこうして記憶は消えてくのかな 3. 入 夕焼けの入り江にひとり座り込み最後の祝福を浴びている 4. うそ(嘘、鷽、…

はてな題詠「短歌の目」2017年1月

1.編 デタラメな編集繰り返した結果あるがままなど見る影もない 2.かがみ 少しだけ前かがみになり話聞く背の高いきみが大好きだった 3.もち あとはもうきもちの問題ゆっくりとこの人生を閉じていく音 4.立 立ち上がる瞬間の勇気 雨の降るダム湖の底に飛び込…

短歌の目 12月 忘れない

題詠 【おでん】 おでんなら大根ばかりを食べるきみだからぼくだけ見てくれるだろう 【自由】 果てしない自由を前に立ちすくむ(ここはモニタで監視されてる) 【忘】 忘れない コクピットから見た景色 群青に空が染まってくのを 【指切】 泣きながらたった4字…