短歌の目 4月

tankanome.hateblo.jp参加します。 1. 皿 ぼたもちを平らげたあとの角皿をまだ舐めているだろうかきみは 2. 幽霊 幽霊と言うだけあって幽かだなこうして記憶は消えてくのかな 3. 入 夕焼けの入り江にひとり座り込み最後の祝福を浴びている 4. うそ(嘘、鷽、獺も可) また明日も生きていたいとうそをつ…