そして毎日はつづいてく

I am always prepared to lie

夏頃詠んだ脈絡ない6首

会いたいと言葉にできるはずもなく昔のメールだけで生きてる


蝉の音がきみの泣き声かき消して背中の湿気だけがリアルだ


太陽に愛されてるただそれだけで好きじゃなかった夏色の花


好きならば好きと言えればよかったが好きと言えないほど好きだった


秋色のカーデを買いに街へ出てきみに似合いの箸置きを買う


頭だけ妙に冴えてる終電車 帰ってきみをぎゅっとして寝る