読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして毎日はつづいてく

拝啓 見知らぬあなたへ

ブログタイトルと転居と家具

定期的にブログタイトルを変えたい病に罹患する。飽きるというのもあるし、ブログ上の自己の同一性に疑問が生じるというのもある。
往々にして投票で決めるが、今回もtwitterでアンケートを行った。

上から三つは自分で考えたもので、最後の一つは小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」から借用したフレーズである。当然のように小沢健二に軍配が上がり、このブログのタイトルは「そして毎日はつづいてく」とすることにした。「さよならぼくのスーパーエゴ」ってスーパー意味分からないタイトルなのに二位でちょっと笑った。スーパーエゴに別れを告げたらいろいろまずいことになるだろう。
そういうわけで、新しいタイトルでも宜しくお願いします。


さて最近は転居することばかり考えている。といっても我が家は現在ほぼ夫の一馬力であるので夫の意向とスケジュールが最優先である。したがってすぐにどうこうするという予定があるわけではないのだけれど、それにしたって転居することを夢想するのは楽しい。無駄にsuumoに条件登録をして日々新着物件をウォッチしている。
子どもがいないので住む場所の制約が比較的少ない。子どもがいたら通学時間がどうとかとか、混雑する沿線だと通学下校時にいろんな問題がとか、国立中学を狙うなら学区も気にしないといけないし(たとえば横浜市民は筑波大附属中とか御茶ノ水附属中とかに入れない)、そもそも駅前にキャバクラのキャッチがいるような土地で育てるのはいかがかとか、いろいろある。

まあ、気楽なもんだということだ。

現居の家具は転居してきたときに概ねIKEAで揃えて安オシャレを実現したのだけれど、次に転居するときには家具を新しくしたいと思っている。WOODWORKさんの家具が本当に好きでお金が欲しい。

woodwork.co.jp

本当に素敵な家具を作っていて、ウェブサイトを見るだけで幸せな気持ちになる。価格も決して高くないのだろうけれど、しかし椅子1脚に4万円、4脚で16万円ぽーんと出すほどお大尽ではないのだよと。ソファは1シータで14万円。2シータにしてオットマンをつけたら30万オーバーになるだろう。本当クオリティに比して値段が高いわけではないと思うけれど、お金、お金、お金をくれよ誰か。

まあなんにせよ家具や家電をどうしようと考えるのもとても楽しい。転居とは夢想段階では常に楽しさを約束されているのだ。現実の課題としてのしかかられると、荷造りや各種手続きで面倒くさいことこの上ないのだけれど。