そして毎日はつづいてく

I am always prepared to lie

hypnosis

必ず太ることが約束されたロイズのあのポテトチップチョコレートが家に2箱もある。夫が北海道に出張に行ったおかげだ。おいしい。何かを美味しいと思えることは素敵なことだななんて思いながら食べすぎる。このお菓子を考えた人は、偉い。手放しで褒める。今後何があっても一生許す。そのくらいだ。何か美味しいものを食べると、それを作った人(開発した人)を無条件で許し出す癖があるのだ。他にはたとえば金の食パンとか。

許すことは、その人に対する最大の賛美のうちの一つだと思っている。存在の全肯定。

ものやことがどんな風かによらず、存在するもの、起こることのすべてをあるがままに肯定していくスタイルがある。一瞬気持ち悪いけれどでも確かにそれはあって、多くの人をきっと救うことができる。何もかもを否定するより建設的であることは明白だし、多くの場合誰のことも傷つけない。そんなような生き方ができないかなって考えたりする。でも無理だなあと思う。元来がペシミスティックであるし、すべてを肯定することによって傷ついたりかなしまされたりする覚悟が足りない。そう、すべてをあるがままに肯定するとき、誰のことも傷つけない代わりに、本人はそれによって傷ついたりかなしまされたり確実にするはずだ。自分にはその準備ができていないなあと思う。

さて7月だ。でもニートにとっては何も変わらない。
現実世界に生きれていないから現実世界の暦なんて関係ない。あるとすれば21日にスプラトゥーン2が発売されるから早く時間が進まないかなとかその程度で。

自分が社会に対して何らの価値も創出していないことは苦しい。
ももう現実から見捨てられても構わないさって思う。眠って二度と起きたくない。